ノーポンプ(ベンチュリー)ブース

ノーポンプブース ベンチュリーブース

掃除のしやすさで選ぶなら

簡単メンテナンスのコレで決まり 

  

POINT.1

集じん効率が高く、安定している 

 

POINT.2

メンテナンスが簡単かつ、サイクルが長い 

 

POINT.3

作業性が良い 

 

POINT.4

トータルコストが安い  


POINT.1 

 集じん効率が高く、安定している 

 

  安心した性能を得るために一番重要なことは「日常メンテナンスをどこまでやれるか」です。 

 でも、付着塗料の処理って大変です。手が届かない、届いても狭くて力が入らない、見えない。

  そこでおススメしたいのが、弊社が扱うノーポンプ(ベンチュリー)ブースです。

ノーポンプブース ベンチュリーブース

安定度/水の管理だけで安心した性能が維持できる 

 シャワーノズルポンプを使用しないミスト吸い込み構造のため、汚れにくくメンテナンスが容易です。

 

ファンは取り外し可能 

 上部の取っ手を引き上げるとふたが開き、羽根を取りだすことができます。

これなら剥離も簡単にできます。

(注意)剥離は必ず購入先にお願いしてください。

    お客様で剥離を行いますと、徐々にバランスが崩れていくので、ご注意ください。

 

取り外せないと・・・

ノーポンプブース ベンチュリーブース
ノーポンプブース ベンチュリーブース
ノーポンプブース ベンチュリーブース

 

 上記の三枚は交換前のブースのファンです。上部からファンを取りだせないがために、

剥離が困難だったのです。

 

 そのことによりファンのバランスが崩れて、集じん効率が下がり、音も大きくなってしまいました。

 

POINT.2 

メンテナンスが簡単かつ、サイクルが長い 

 

 安心した性能を得るために一番重要なことは「日常メンテナンスをどこまで行えるか」です。付着塗料の処理は大変です。手が届かない、届いても狭くて力が入らない、見えない。性能を維持するためのメンテナンスのしやすさも重要です。 

ノーポンプブース ベンチュリーブース

日常メンテ・水位管理とPH管理 

  作業開始前には必ず水位を確認してください。規定量に満たない場合は、渦巻室1が正常に作動しません。PHに関しては週に1回を目安に行ってください。 

 

定期清掃・スラッジの回収 

 掃除がしやすいように、裏も開けられるようになっています。邪魔板2もバッチリ剝離可能です。

 また「もっと簡単にならないのか」という方のために、塗料が付着しにくい、オールステンのプランもご用意してあります。 

 浮遊槽が外に出ているため、スラッジの回収も容易になっています。


1渦巻室:排気ファンの風速による水の吸い上げによって発生させる水の渦巻き集じん方式のこと。

      (下記の写真一番左参照)

2邪魔板:邪魔板は、渦巻き室の遠心力で分離された水滴を分離させる役目。

      これで排気する空気も清潔に。

 

ユーザーにやさしい構造

ノーポンプブース ベンチュリーブース
ノーポンプブース ベンチュリーブース
ノーポンプブース ベンチュリーブース

 <写真左>

水洗シャワーブースよりも集じん効率が良く、かつ掃除もしやすい方式です。 

<写真中央> 

浮遊槽という。渦巻室の遠心力で飛ばされた塗料は、外に出ているここに流れていきます。 

<写真右>

中を掃除するための開口部。ここを脱着することにより、邪魔板の掃除ができる仕組み。メーカーによっては開口部が前面にあるため、掃除がしづらいのでご注意ください。

ノーポンプブース ベンチュリーブース

POINT.3 

作業性が良い  

 

フルオーダーメード  

 素材から設計寸法まで、作業環境に配慮したフルオーダーメードのブースを提供することができます。また詳しいものが施工にくるため、組み立て時に使用上の注意などを聞くことができ安心して、ご使用いただけます。 

 

ノーポンプの安定感 

 ポンプやシャワーノズル、フィルタといった付属品が少ないので、メンテナンスが簡単。その結果、安定した風力を発揮します。

 


POINT.4  

トータルコストが安い  

 

既製品じゃないから高いんじゃ……  

 本体価格は既製品のものと比べると、若干お値段が張りますが、定期メンテナンス・交換などが容易なため維持費が他社製品よりも安く抑えることができ、トータルコストとして安くなります。